読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五感に直接的に飛び込んで感情を揺れ動かしていくようなもの

雑記

気付いたら夏だ~。真夏。真夏っていう名前は良い。真夏、季節の頂点。満月の日や新月の日みたいにみんながどきどきする。真冬の対局。真冬に生まれても真夏ちゃんって名付けたい。100%人からまなっちゃんって呼ばれる。良い。

 

新年度が始まり職場環境がかなり変わって、良くなったか悪くなったかで言えば良くなったのだけどそのステップごとにまたやりにくさ、悩みみたいのも当然あり、社会でどうにかやっていくのって本当にめんどーだ。

 

だから仕事以外では出来るだけ難しい感情を持たないようにしたり、感情を前にうだうだせずポーンと行動に移すようにしてたら、五感に直接的に飛び込んで感情をダイレクトに揺れ動かしていくようなものを脳も求めるようになって、そしたらなんか日々それなりに楽しい

視覚:映画

バキューン、ズドーン、シャキーン、シュイーン、デュクシ

みたいな映画が楽しくて仕方ない。特にSFアクションものはアクションの描写がハード過ぎず、地球外生物が敵だから流血もほとんど観る必要がなくてよい。中でもMCU作品に夢中になっているところです。

 

何かひとつを観ようと思ったら楽しむための予備知識を入れるために予習復習が必要になるので、常にわくわくしながら作品を追いかけられる。一貫性を持たせるために物語の設定もキャラ設定も周到にされている。単なるシリーズものにはない醍醐味。作品間の交差地点を観つける度にアドレナリンどばどば出てくる。最高。2016年にも2017年にも沢山公開予定の作品が控えていて今現在、最大の生きる希望になっています。字幕・吹き替えなしで観るのが夢なので英語も勉強したい気持ちになってるしいいことづくめじゃん。

あれだけフアンの多いMCU作品について改めて自分が感想を書くことに完全に意味が見いだせないんですけど、それぞれの作品を観たときの脳が破裂するのではと思うほどの興奮を記しておきたいのでいつか書きまーす

 

聴覚:音楽

Apple Musicにまんまとハマり込んでいるんですけど、中でもAppleが作成してるプレイリストをそのままポンとダウンロードするだけで簡単に未知の音楽に触れられるっていう、なんか怒られそうな音楽の楽しみ方してます。音楽は、CDショップやレコードショップでジャケットと顔を突き合わせながら真剣に選んで、ちゃんとお金払って買って、コンポの前で正座して聴くものだぞって頭の中の“音楽の人”によく怒られる。

よくダウンロードするのは海外のエレクトロ・ポップみたいなジャンルのもの。知らない言語(ほぼ英語だけど)だからいちいち頭が歌詞を追わないし身体が勝手にリズムに乗ってくれる。感情すら通さずにそのまま脳に行ってくれる感じ最高。

 

触覚:布

布すなわち洋服のことです。洋服はただの布なのに自分に合う形や色のものを選択するのも着こなすのも組み合わせるのも何もかも難しい。だから「ただの布のくせに!」っていう気持ちを込めて布って呼ぶようにしてます。女っていうことをより直感的に理解してもらいやすいものを選ぶようになった気がする。でもそれが似合うか着こなせるか、そして自分の趣味趣向に沿っているかはまた別で、色々な要素が絡むので面倒くさい。難しい。布むかつく。布に関しては、自分がというより他人の五感に直接的に飛び込んで感情を揺れ動かしていくようなものを選びたいということなので他とはちょっと違う。というか布の触り心地の事じゃなく布の見た目の話だからこれはほとんど視覚の話だな。。強いて言えば最近ジェラート・ピケなる店で、ふわもこの、触り心地が女って感じのパジャマを買ったことくらい。でも柔軟剤使ったことがないので既にごわごわになってきて布むかつくの気持ちになってる

味覚:悪い食事

悪い食事は脳にダイレクトに快楽がいく。ジュースとかスナックとかチョコレートとかコンビニの味の濃いお弁当類とかおかずパンとか菓子パンとか。つまり炭水化物と糖分と塩分ドーーーンってこと。このままじゃ糖尿病だぞ、壊死失明インスリン注射死だぞ、って脳は言いつつも快楽ドーーーンには勝てなくて受け入れちゃってる。食習慣ばかりは近いうちに改めたいです

嗅覚:香料

匂いつきのものがまるでだめで洗剤とかシャンプーとか化粧品類とかは匂いのないものか、あっても微かですぐ飛ぶようなものを今まで選んで来て、香水なんてもってのほかって感じだったんですけど、ここに来て匂いドーーーンってものも割と平気になってきました。でも人に嗅がせようという気が満々のきつい香水は本当に勘弁です

 

 

 

バカに拍車が掛かるような気がして五感に直接飛び込んで来る類のものは意識的に避けてるところがあったんだけど、何かがすぱーんと切れて触れてみたらすごい毎日楽しくなった。頭を更に使いたくなくなって最高だ。私が退化してくとこ、見ててよ。