読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TVドラマ

TV番組をほとんど見ない人間だったけど、録画したものを色んな媒体に飛ばして見られる機器を手に入れてからちょこちょこ観ている。TVの前に一定時間拘束されることが何となく苦痛だったので、これなら良い。

今ダントツで面白いドラマは『その「おこだわり」、私にもくれよ‼︎』。清野とおるさんの漫画が原作(正確には〝題材にした〟)の、モキュメンタリードラマ。何と監督は松江哲明氏。そして録音・山本タカアキ氏ということで密かに前野健太さんの出演があるのではと期待しております。何せご本人が、近いうちに〝面白い〟番組に出ると、ライブでほのめかしてたので…。
このドラマ、出てくる曲といい出演者といいかなり、年齢やや高めのサブカル層を意識していると思う。話題になっていたけど観ていなかった『山田孝之東京都北区赤羽』も観始めた。原作もちゃんと読みたい。

何となく苦手意識のある〝クドカン〟さんの『ゆとりですがなにか』も観ている。1話で思い切り心を掴まれて今後への期待値を上げ過ぎてしまい、2話目にて既に飽きが来たけれど一度観始めたものは一応最後まで観るタイプだから見続けています。柳楽優弥さん、人生二度目の全盛期という感じですね!危うい感じが山田孝之っぽい。

あともうひとつは『重版出来!』。こちらも原作は未読。ここ最近は黒木華さんになりたくて仕方がない。誰でも取って代れそうでいて、誰にも出来ない。今までにいたようでいて、全く新しい。こういうタイプの女優さんって近年稀に見る、といった感じなのでは…。特に、『リップヴァンウィンクルの花嫁』を観てからこれを観るとより一層それを確信してしまうと思う。何なんだ彼女は。見るたびに「参りました完敗です。」とひれ伏しそうになる。(何の勝負なのか)
ところで、坂口健太郎氏には永遠に静止画界に留まっていて欲しかったと思う女子も少なくないのでは…?なんて勝手に思っているけどどうなのか。
漫画が原作だからか観ていてややシラけてしまう演出もあるけど、乗ろうと思えば乗れる範囲なので、そこは自分次第という感じで。まあでも、黒木華みたいなできた女の子、居ないでしょう…。(笑)

ドラマには、現実逃避を求め一方で現実味を求め。相反する二つのようで、どちらも不思議と満たされてしまうので、ドラマって不思議だと昔からよく思う。