読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都市の呪文

iPhoneをおトイレにぽっちゃんさせて、早2日。

画面をいつか粉々にしてしまいそう、とは思っていたけど

このような形での水没は全くの想定外でした。

奇跡的に復活したら、記念に復活レポートでも書こう。

 

水没させて気が付いた事なんですが、

iPhone無しでは生きていけない訳ではなくて、

iPhoneを中心に生活を動かしていたからそう錯覚していただけでした。

アラームだって計算だってメモだって電話だってメールだって録音だって

インターネットだって地図だって、どれもiPhoneじゃなくても出来ることばかり。

iPhoneでしか出来ない事って、逆に何だ。

 

常に一緒に居るということはその距離感を程良いものに保つ必要があり、

また一緒に居ない時間をいかに充実させるかということなのだと思った。

人間とおんなしじゃないですか!

 

機械はただそこにあるだけなのに、人間の使い方次第で褒められたり悪者にされたりとかわいそう。人間が使いこなしているのか、機械が人間を弄んでいるのか、もはや分からない域にありますね現代は。

 

iPhoneの無いこの数日間の生活は何だか、生きてる!って感じがした。

まあ、奇跡的に復活したなら喜んで使いますし、しなくても新しく買うつもりです!

 

ややアナログな生活をすると、スカートが聴きたくなりました。


澤部渡(スカート)- 都市の呪文 @ 熊枠サミットvol.2